中学1年生

中学1年生の やる気自信を作る 家庭教師です!

中学1年生のお子さんの勉強で
お悩みの親御さんへ

家庭教師のマスターでは中学1年生をはじめ、中学生のお子さんの指導に自信があります!

「中学に上がって突然成績が悪くなった・・」「勉強のやり方が分かっていない・・」「全く勉強のやる気が見られない・・」「小学校の勉強からわからない・・・」といったようなお悩みを持つ「中学1年生のお子さんを持つ親御さん」へ

家庭教師のマスターの「中学1年生向けの勉強方法」や「中学1年生の指導方法・実績」などを詳しくご紹介します。

無料体験レッスンのお申し込み

中学1年生って
どんなことを習うの??

中学生で習う内容は小学校と比べて格段に難しくなります。そのため「中学に入ってから突然つまずいた…」「定期テストで見たこともないような点数をとってきた…」「いくら教えてもわからない問題がある…」などのケースが多く見受けられます。
中学に入学すると、部活も始まって毎日が忙しくなり…授業内容も本格的になり…定期テストも始まり…など、生活環境の大きな変化に戸惑い、結果的に授業に付いていけなくなってしまうお子さんが多いです。また、学年が上がる毎に内容はドンドン難しくなり、3年生の受験期には学力差が大きく開いてしまいます。
中学1年生で学ぶ内容は中学3年間の基礎となるものであり、「ここでつまづいてしまうと、この先が心配・・」になりますよね。

中学1年生の数学では、
プラス・マイナスの概念
方程式や関数
など、今後の勉強にとって非常に重要なことを習います。
中学3年間で習う勉強は全て繋がっているため、一つの単元でつまずいてしまうと、その後で習う関連のある単元が次々と理解できなくなってしまいます。例えば、中学1年生で習う「方程式」が理解できなければ、中学2年生で習う「連立方程式」や中学3年生の「2次方程式」でもつまづいてしまい、学年が進む毎にドンドン傷口が深くなってしまいます。
つまり「1年生の内容」が押さえられるかどうかで、今後3年間の出来・不出来が大きく左右されるということなのです。
また、小学校に比べ、勉強の難易度・授業のペースが格段に上がるため、小学校の時につまづきが無かったお子さんも注意が必要です。

中学1年生の英語では、
本格的な文法
英単語、長文読解
などを習います。2020年以降、小学校で英語が必修科目となったことに伴い、中学のカリキュラムも大きく変化しました。
以前は「英語は中学から」だったため、中学の授業もアルファベットから始まり、丁寧に時間をかけて全員の足並みが揃った状態で進められる傾向がありました。しかし、現在は「小学校で英語の基礎が身についている」という前提があるため、中学では開始早々に本格的な文法の授業が展開されます。そのため、以前に比べて中学校のスタート時でより英語力の差が付きやすい状態になっています。

ある調査によれば、中学生全体の英語が嫌いな生徒の割合は6割に上り、そのうちの8割以上の生徒が「中1の後半までに英語が嫌いになった」というデータがあります。英語は、1度苦手意識がついてしまうと、それを払拭するのに特に時間がかかる教科です。
中学のスタートで英語に対してマイナスイメージが付かないようにすることが、今後の学習においても重要になってくると言えるでしょう。

勉強のやり方・コツを
身に付けていくことがとにかく大切!

「うちの子はとにかくやる気がない・・」「点数が悪くても気にする様子が無い・・」そんな悩みを持つ親御さんはとても多いです。
しかし、私たちが数多く見てきた子たちでも、「あえて悪い点数を取っている」「分からない方が楽しい」といったお子さんは見たことがありません。本音の部分では「もう少し出来るようになりたい…」「分からないよりは、もちろん分かった方が良い」と思っているのです。
お子さんに詳しく話を聞いていくと、たいてい最後に出てくるのが「ただ、何をやって良いか分からない…」という発言なのです。

勉強にはやり方やコツのようなものがあります。それをつかめていないがために、
「何をやれば良いか分からない→結果やらない→日々の授業が理解できない→やる気がなくなっていく→さらにやらなくなる・・・」
こんな悪循環になってしまっている子が非常に多いのです。その結果、次第に勉強を避けるようになり、「ゲーム」や「Youtube」など遊びや自分の好きなことばかりになってしまい、余計に勉強をしなくなってしまうのです。
このような悪循環から、「やり方をつかむ→勉強が楽になる→楽だから少しやるようになる→以前よりも授業が理解しやすくなる→やる気が出る→さらにやるようになる」という好循環にいかに持っていけるか?ということがポイントになってきます。

中学1年生は3年間の土台となってくる大切な時期です。この中学1年生での取り組みで、今後3年間の勉強に対する方向性が決まる!と言っても過言ではありません。この時期に、勉強のやり方・コツを身に付けて「勉強のきっかけ」をつかむ!ということは、今後3年間(高校受験)に向けて大きくプラスとなることは間違いないでしょう。

まとめ

  • 1

    中学1年生の段階で
    苦手意識が付かないようにする!

  • 2

    とにかく勉強のやり方・コツを
    つかませてあげる!

無料体験レッスンのお申し込み

家庭教師マスターの
「中学1年生への指導」について

家庭教師のマスターは平成12年からの累計3万件以上の指導を行いました。
その中で、特に中学1年生への教え方「4つのポイント」をご紹介します。

1勉強の習慣付けをしていく!

小学校とは異なり、最近の中学では日々の宿題・課題があまり出ません。この状況から、何もやらなくなってしまう子が多いのです。その結果、理解できていない部分がドンドン蓄積され、テスト前だけではとてもやり切れない状況に陥るお子さんを多く見てきました。
中学に入学すると、部活動が始まったり…授業が難しくなりペースも速くなり…定期テストもあり…と、お子さんの生活環境が大きく変わります。この変化に戸惑い、「中学生ってどれくらい勉強すればいいのか?」「具体的にどんな勉強をすればよいのか?」「テスト勉強って何をどれくらいやれば良いのか?」などがわからない子も多いのです。また、小学校の頃から勉強の習慣がほとんど付いていないお子さんもいますが、定期テストがあり高校受験を控える中学生では「全く勉強しない」では授業に付いていくことが難しくなります。
そこで私たち家庭教師のマスターでは、1日単位で毎日の予定をお子さんに合わせて細かく作成し、まずは「勉強を全くやらない日」を無くしていきます。この実践を繰り返すことで、徐々に家庭学習が習慣化されていきます。まずは「勉強の習慣とペース」を確立させることが、中学1年生にとっては最も大切なのです。

2要領・コツをつかませてあげる!

「うちの子、好きなことはすぐに覚えられるんですよ!」といった親御さんの声をよく耳にします。
何事にも「やり方やコツ」というものが存在します。お子さんも自分が好きなことでは、「やり方やコツ」が理解できているため、非常に集中できたり自発的に進んで取り組んだりします。この原理は勉強においてもまったく同じです。

私たち家庭教師のマスターでは、具体的に「この分野のポイントはここだよ!」「授業もこの部分に集中して聞いてこよう!」といった指導を行い、「勉強のやり方やコツ」をお子さんに掴ませていきます。そして、これを日々の授業や勉強の中で繰り返し継続することで、「ポイントのつかみ方=勉強のやり方」が徐々に身についていくのです!

3先取り学習によって「成功体験」を作る!

勉強において「本人のやる気」はとても大事です。ではどういった場面で1番やる気がでるか?というと、、これはやはり「勉強がわかった時」です。
お子さんにとって1番身近に「わかった!」を感じられるのは「日々の授業」です。私たち家庭教師のマスターは1対1でお子さんを指導させていただくので、本人の苦手な分野・得意な分野が手に取るように分かります。
そこで、得意な分野に関しては、今授業でやっている分野と関連した「少し先の分野」をできるだけ先取りして教えていきます。そうすることによって、日々の授業での「分かった!」が増えていき、お子さんのやる気も持続しやすくなっていくのです!

4小学生の内容は今のうちに復習!

中学1年生のお子さんの中には、小学校の内容からつまずいてしまっている子も多くいます。
「低学年から遅れてしまっている」「算数だけ小学校から苦手」「小学生高学年から急にわからなくなってきた」など状況は様々です。ただ、小学校で学ぶ内容は中学での勉強の基礎となるものばかりです。中学に入ったばかりである1年生の時期に小学校での取りこぼしを遡ってやり直しておくことは、今後中学2年生、3年生と進む上でとても大切です。

家庭教師のマスターの指導では、お子さんの状態に合わせて終わった学年の復習も積極的に取り入れていきます。中学1年生の授業進度に合わせて、関連のある分野や密接に繋がっている分野をさかのぼってその都度復習しながら進めていきます。場合によっては、その前の学年(小学5年生の内容)やもっと前の学年の内容でも、お子さんが理解できるようになるまで徹底してサポートします。学校の授業では新しい分野へドンドン進むので、今習っている分野と関連した所をバランス良く復習しながら、無理のないペースで進めていくことができます!

無料体験レッスンのお申し込み

お得な料金システムについて!

指導料(中1〜中3)1コマ3分 900円(税込)

家庭教師マスターでは30分900円といったリーズナブルな価格で家庭教師の指導が受けられます!

また、家庭教師のマスターでは『ちょっと今月は余裕がないなぁ』 という時に回数を減らしたり時間の短縮したりなど、自由に月の負担を調整することができます。指導料は指導した分しか発生しませんので、多くの塾や家庭教師センターとは違い、月の料金が固定されないところもご好評頂いています。

家計にやさしい!お得な料金体系

「家庭教師って料金が高い!」というイメージを持たれている方も少なくないと思いますが、マスターは「家計に優しい家庭教師」なので、他の家庭教師会社や学習塾、個別指導塾よりも“低料金でできる”ケースが多いと思います!目安としては月々1万5千円〜2万5千円くらいで色んなコースからお子さんに合った形を選べます。

2人同時指導の割引き
ペアレッスン

兄妹やお友達と一緒の2人同時指導ペアレッスンなら、1人分の料金とほぼ変わらない料金になります。

  • 1人あたりの指導料が1コマ900円 → 1コマ500円に割引きされます!
2人が別々に指導を受けた場合の指導料

週1回60分 → 14,400円(2人分の合計)

ペアレッスンの場合の指導料

週1回60分 → 8,000円(2人分の合計)

毎月6,400円もお得!

「とても家計にやさしい!」と人気のプランなので、兄弟・姉妹がいらっしゃるご家庭のほとんどはお得なペアレッスンで申し込まれています!

ポイントが
ザクザク貯まります!

マスターでは毎月のお支払いの一部を、お手持ちのクレジットカードでお支払いできます。
ポイントが貯まりやすいカードで毎月お支払いすることで、還元ポイントをザクザク貯めることができます!
さらに、マスターはTーPOINTとも提携していますので、クレジットカードのポイントとは別にTーPOINTも貯まります!やりくり上手なお母さんからも大好評です!

2人が別々に指導を受けた場合の指導料

クレジットカードのポイントとは別に
TーPOINTも貯まります!

母子・父子家庭割引き
ハートぷらん

母子家庭の方のご負担を少しでも軽減するため、ささやかですが入会金の優遇措置(ハートぷらん)をご用意しています。

無料体験レッスンのお申し込み

\ 無料体験レッスン申込みはこちらから! /