中学生をやる気にさせる魔法の言葉とは?|7つの言葉がけ

公開日:2024年5月8日

今回のコラムでは、中学生の子どもに勉強意欲を引き出すための効果的な「魔法の言葉がけ」をご紹介します!
親からの言葉がけを少し工夫することで、子どものやる気は劇的に変化することがあります。親子関係を深めながら、成績アップを図る方法について詳しく解説します。

中学生をやる気にさせる魔法の言葉とは?

魔法の言葉が持つ力

「言葉」には人々の心に響く不思議な力があります。特に中学生のような成長段階にある子供たちにとって、「言葉」はやる気自信を育む重要な要素となります。
このような言葉の中でも、「魔法の言葉」と呼ばれる特別な言葉があります。これらの言葉は、子供たちの心を勇気づけ、前向きな気持ちを生み出す力を持っています。
では、なぜこのような「魔法の言葉」が必要なのでしょうか?

なぜ魔法の言葉が必要なのか?

中学生の子供たちは、自己確立自己認識をする重要な成長過程にいます。
一段と難しくなる学業に対応しながら、様々な社会的な経験や知識を積み重ね、その中で自己肯定感を築いていくことが必要です。
「魔法の言葉」は、子供たちが自分の可能性や価値を認識する手助けをします。親をはじめとした大人から発せられるこれらの言葉は、子供たちの心に希望を与え、困難に立ち向かう勇気を与えることができます。
では、どのようにして魔法の言葉を選ぶべきでしょうか?

魔法の言葉の選び方

魔法の言葉を選ぶ際には、子供たちの個性や今の状況を考慮することが重要です。
子供たちが自分に自信を持ち、やる気を発揮できるような言葉を選ぶことが求められます。ですから、ポジティブな言葉励ましの意味を持つ言葉が特に効果的です。また、子供たちが成長する過程で「新しいことや困難への挑戦」に直面したときにも、励ましや支えとなる言葉を選ぶことも重要です。
魔法の言葉を選ぶ際には、子供たちの心に響く言葉を用い、彼らの成長と自己実現を促すことが大切です。
これらの要素を考慮しながら、魔法の言葉を子供たちに伝えることで、彼らのやる気や自信を育むことができ、新たなチャレンジに向けて心強く背中を押してあげることができます。
中学生の重要な成長段階において、魔法の言葉は子供たちの心を鼓舞し、彼らが自己実現を達成するための力となるでしょう。

中学生のやる気を引き出す!7つの魔法の言葉

1. きっとできるよ!

「きっとできるよ!」という言葉は、自分の能力に自信を持つことを促す言葉です。自信を持つことができれば、困難な問題にぶつかっても、それに立ち向かう前向きな気持ちが持てます。
自信を持つためには、自分の成長成功体験を振り返り、自分の良いところ強みにフォーカスし、自己評価を高めることが大切です。
ですから、「きっとできる!」といったポジティブな言葉を使うことで、自信を高め、自分を信じて挑戦する気持ちが湧いてきます。
また、自分に自信を持つことは「何事もやればできる!」といった気持ちの土台ができるので、学習意欲を増す手助けにもつながります。

具体的な声かけ例
「今日のテスト、きっと○○ならできるから大丈夫だよ。自信を持って取り組んでね!」

2. 頑張ろう!

「頑張ろう!」という言葉は、困難に直面しても諦めず、努力を続けることを応援する言葉です。
困難な状況に直面したときには、ポジティブな姿勢をキープし、自分の目標に向かって一歩ずつ進んでいくことが大切です。
困難を克服するためには、自分の目標や目的を明確にし、「何のために努力するのか?」という意志をしっかり持つことが必要です。また、努力を続けるためには、自分のモチベーションや目標を常に意識することも重要です。失敗や挫折があっても、諦めずに努力を続けることこそが成功への近道です。
ですから、「頑張ろう!」という言葉は、とてもシンプルですが、目標達成のための努力を行う時に、その覚悟と気持ちを引き締めるキッカケになる言葉となります。

具体的な声かけ例
「宿題がたくさんあるけど、頑張ればきっといつか終わるよ!一つ一つコツコツと頑張ろう!」

3. 目標を達成する!

目標を達成するためには、具体的で現実的な目標を設定し、それに向かって計画的に行動することが重要です。同時に、自分の強みや弱みを理解し、自己管理能力を高めることも必要です。また、目標を達成するための過程で起こる困難や失敗に対して、柔軟な対応が求められます。

夏休みの宿題やテスト勉強など、一日で終わらないものは、短期の目標を細かく定め、スモールステップで進めていくことが大切です。短期の目標をクリアする度に声を掛けてあげたり、進んだ部分について褒めてあげるなど、親が進捗に対して興味を持ち続けることがポイントです。
長期的な視野を持ち、一歩ずつ着実に進んでいくことができれば、お子さんのモチベーションが保ちやすくなります。

具体的な声かけ例
「来月のテストで良い点を取るために、毎日ちょっとずつ勉強していこうね!目標を達成するために一緒にコツコツ頑張ろう!」

4. チャレンジしてみよう!

新しい挑戦や困難に果敢に立ち向かうことは、学習に対して努力する機会が得られ、自己成長につながります。
新しい分野や難しい問題にも積極的に挑戦することで、自分の能力や可能性を発見することができ、クリアした時には大きな自信にもなります。
「何事にもチャレンジしてみよう!」という言葉は、失敗を恐れず立ち向かう勇気新しい挑戦に前向きに取り組む積極性を促し、学習をする上では大きな原動力となります。

具体的な声かけ例
「新しい数学の問題集は難しそうだけど、一緒にチャレンジしてみよう!失敗しても構わないから、楽しんで挑戦してみようね!」

5. 失敗は成功のもと!

失敗は成功へつながる重要なステップであり、学びや成長の機会を提供します。
失敗から学び、次回から改善していくことを繰り返していけば、目標の実現に近づくことができ、自己成長へとつながります。
「失敗は成功のもと!」という言葉は、失敗することが終わりではなく、学びを得るために必要なプロセスであることを理解し、そこから学べることこそが成功へのヒントになる、ということを示しています。
これらを理解することで、失敗を乗り越えるための柔軟性や忍耐力を育み、自分の能力や可能性を引き出す「積極的なチャレンジ精神」につながります。

具体的な声かけ例
「前回のテストで苦手な分野を発見できたね!それを次のテストで克服すれば点数アップできるよ!失敗から学ぶことで、より成長できるんだよ。」

6. めげずに続けよう!

困難や挫折に直面したときには、諦めずに前進することが重要です。
困難や挫折を乗り越えるためには、柔軟性や忍耐力を持ち、目標に向かって一歩ずつ着実に進んでいくことが必要です。
「めげずに続けよう!」という言葉は、困難や挫折を乗り越えるためにポジティブな姿勢を保ち、前向きに進むための励みになります。何事も失敗や挫折は付きものです。継続することで初めて目標が達成されることを理解し、思うように結果が出ない時でも怯まず、前向きに努力していく力を育むことができます。

具体的な声かけ例
「苦手科目は難しく感じるけど、めげずに続けてみよう!解決策を見つけて、少しずつ前進していけば、きっと今よりできるようになるからね!」

7. 楽しんで学ぼう!

学習を楽しみながら取り組むことは、長期的な学習においては不可欠です。
学習することを楽しむことで、子供たちは自発的に学び、好奇心創造性を育むことができます。
「楽しんで学ぼう!」という言葉は、勉強することをポジティブに捉え、子供たちの学習意欲を高めることができます。
「学ぶことは楽しい!」「分からない問題が解けるようになると嬉しい!」という気持ちが根付けば、子供たちは積極的に勉強できるようになり、成果にも大きく反映されていきます。

具体的な声かけ例
「今日の授業はどんなことが学べるかな?楽しみだね!新しいことを学ぶのはワクワクするでしょう?」

中学生のやる気を下げてしまう8つの言葉

次に、子どものやる気を下げてしまう言葉についてご紹介します。
子どもを奮起させたいという意図から、あえて否定的な言葉を投げかけることがありますが、これらがやる気につながることはほとんどありません。
あまりにもやる気のない姿を見て、つい感情的になってしまい強い言葉を口にしてしまうことがありますが、その一言が深く突き刺さってしまうことがあるので注意が必要です。

1. はやく勉強しなさいっ![強制・命令]

親からの強制的な命令は、子供たちの自主性や自己決定能力を奪うことになります。その結果、子供たちは勉強を「義務」と感じてしまい、学ぶことへのモチベーションが低下します。
親は、子供に対して勉強を無理強いするのではなく、彼らの興味や関心に合わせて勉強をサポートすることが重要です。子供が自らの意志で学ぶことを奨励し、彼らが自分で問題を解決できる能力を育てることが大切です。
親は、子供とのコミュニケーションを通じて、彼らの意見や考えを尊重し、学習のプロセスを共に歩むことが重要です。

2. こんな問題もできないの?[けなす]

子供が勉強できないことをけなす言葉は、彼らの自尊心やモチベーションを傷つけてしまいます。ミスや間違いから学ぶことは成長の機会なのですが、それらをけなすことで子供たちは自信を失い、挫折感を味わいます。
親は代わりに、ポジティブなフィードバックサポートを提供してあげ、失敗から学ぶ姿勢や考え方を育てることが重要です。
子供たちが間違いを恐れず、新しいことにチャレンジできるように励まし、彼らが自信を持って成長できるように支援することが大切です

3. お兄ちゃんはできたのに…[他者との比較]

子供を他の人と比較することは、彼らの自尊心を傷つけ、不必要な競争心や劣等感を生み出す可能性があります。
個々の能力や成長のペースは異なるため、他者と比較することは適切ではありません。親は、子供たちが、他者ではなく、自分自身と比較し、自己成長に集中できるようサポートすべきです。
お子さん自身の成功や努力を称賛し、彼らが日々成長していることを実感させ、自信を持って学び続けることができるようにサポートすることが大切です。

4. いつまで続くのやら…[決めつけ]

子供の努力に対する否定的な決めつけは、彼らの成長や学習意欲を抑制してしまいます。親が子供の行動や能力を悪い方向で決めつけると、子供たちはやる気を失い、学習への興味自体も失ってしまう可能性があります。
代わりに、親は子供の可能性を100%信じてあげ、彼らが努力しながら成長できるようにサポートすることが重要です。
子供たちが自分自身を信じ、困難を乗り越え、自分の目標を達成できるように励まし、サポートすることが大切です。

5. そんなやり方じゃ成績上がらないよ![否定]

子供の努力を否定する言葉は、彼らの自己評価や自己肯定感を低下させます。
子供が学習する過程で失敗やミスを経験することは自然なことであり、それ自体が成長の一部であると考えましょう。
子供が自発的に取り組んでいることに対して親が否定的な言葉を使うと、子供たちは自分の能力や判断を疑い、学習に対する意欲を失ってしまうかもしれません。
代わりに、親は子供の努力や行動を認めてあげ、ポジティブなフィードバックを提供することで、彼らの自信を育てることが重要です。
子供たちが自分の能力を信じ、学習に前向きな姿勢を持ち続けるように励まし、サポートすることが求められます。

6. こんな成績では高校に行けないよ![威迫]

子供を不安にさせる威迫的な言葉は、彼らの不安やストレスを不必要に増大させ、学習意欲を削ぎます。
子供たちが将来の進路や目標について悩んでいるときに、親が威圧的な言葉を使うと、彼らは自信を失い、焦り不安を過剰に感じるかもしれません。
代わりに、親は子供たちの目標や夢を尊重し、彼らが目標に向かって前向きに進んでいけるようサポートすることが重要です。
親は、子供たちの進路や目標を共有し、それらに向かって共に歩むことができるように、励ましながら支援することが求められます。

7. ほんとにダメなやつだな…[人格否定]

子供の人格を否定する言葉は、彼らの自尊心を傷つけ、自信を失わせます。
親が子供を責めると、彼らは自分自身を受け入れられなくなり、自己評価が低下してしまいます。代わりに、親は子供の良い点や努力したプロセスを認め、ポジティブなフィードバックを提供することで、彼らの自信を高めることが重要です。子供たちが自分自身を受け入れ、自己評価を高めながら成長できるように励まし、サポートすることが求められます。

8. こんな成績だと私が恥ずかしいわ…[責任転嫁]

子供に責任を転嫁する言葉は、彼らの精神的な負担を増やし、親子関係を損ないます。
親が自分の感情や不安を子供にぶつけると、子供たちは自分の価値を見失い、自分のためではなく、親の期待に応えようと必死になります。
代わりに、親は子供たちの学習状況を共有し、彼らと共に成長し、彼らが自己成長できるようにサポートすることが重要です。
親は子供たちとのコミュニケーションを通じて、彼らの感情や考えを尊重し、親子の絆を強めながら協力していく姿勢が求められます。

まとめ

本コラムでは、勉強をやる気にさせる魔法の言葉についてご紹介しました。
特に勉強が苦手な子は、親が何を言っても机に向かわないことが多く、お困りになっている方も多いのではないでしょうか?
ただ、ちょっとした言葉掛けの工夫をすることで劇的に改善されたり、やる気になるキッカケをつかむことも少なくありません。諦めず、根気強くアプローチしてみることが大切です。

家庭教師のマスターでは、勉強が大嫌いな中学生を専門に教えています。ご興味のある方は是非ご相談ください!

もっと知りたい方はこちら
【中学生コース】について

この記事を企画・執筆・監修した人

家庭教師のマスター教務部

この記事は、家庭教師のマスターを運営している株式会社マスターシップスの「家庭教師のマスター教務部」が企画・執筆・監修した記事です。家庭教師のマスター教務部は、教育関連で10年以上の業務経験を持つスタッフで編成されています。
家庭教師のマスターでは、家庭教師・受験・不登校・発達障害・学習方法・学校情報・教育・子育てをテーマに、お役に立ち情報を発信しています。

家庭教師のマスターについて

家庭教師のマスターの特徴

平成12年の創立から、家庭教師のマスターは累計2万人以上の子供たちを指導してきました。その経験と実績から、

  • 勉強大嫌いな子
  • テストで平均点が取れない子
  • 特定の苦手科目がある子
  • 自宅学習のやり方、習慣が身についていない子

への指導や自宅学習の習慣づけには、特に自信があります!

家計に優しい料金体系や受験対策(特に高校受験)にもご好評いただいており、不登校のお子さんや発達障害のお子さんへの指導も行っています。

もっと知りたい方はこちら

指導料金について

指導料:1コマ(30分)

  • 中学生:900円/1コマ
  • 小学1年生~4年生:800円/1コマ
  • 小学5年生~6年生:850円/1コマ
  • 高校生:1000円/1コマ

家庭教師マスターではリーズナブルな価格で高品質の家庭教師をご紹介しています。

2人同時指導の割引き|ペアレッスン

兄妹やお友達などと2人一緒に指導を受けるスタイルの「ペアレッスン」なら、1人分の料金とほぼ変わらない料金でお得に家庭教師の指導が受けられます!

※1人あたりの指導料が1コマ900円 → 1コマ500円に割引きされます!

もっと知りたい方はこちら

教え方について

マンツーマンで教える家庭教師の強みを活かし、お子さん一人ひとりにピッタリ合ったオーダーメイドの学習プランで教えています。
「学校の授業や教科書の補習」「中間・期末テスト対策」「受験対策」「苦手科目の克服」など様々なケースに柔軟な対応が可能です。

指導科目について

英語・数学・国語・理科(物理・生物・化学)・社会(地理・歴史・公民)の5科目に対応しています。定期テスト対策、内申点対策、入試対策・推薦入試対策(面接・作文・小論文)など、苦手科目を中心に指導します。

コースのご紹介

家庭教師のマスターでは、お子さんに合わせたコースプランをご用意しています。
ご興味のある方は、下記をクリックして詳細を確認してみてください!

・【小学生コース】について
・【中学生コース】について
・【高校生コース】について

・【不登校コース】について
・【発達障害コース】について
・【私立・中高一貫校コース】について

・【高校受験コース】について
・【中学受験コース】について
・【大学受験コース】について

無料体験レッスン

私たち家庭教師のマスターについて、もっと詳しく知って頂くために「無料の体験レッスン」をやっています。
体験レッスンでは、お子さんと保護者さまご一緒で参加して頂き、私たちの普段の教え方をご自宅で体験して頂きます。
また、お子さんの学習方法や課題点について無料のコンサルティングをさせて頂き、今後の学習プランに活かせるアドバイスを提供します。
他の家庭教師会社や今通われている塾との比較検討先の1つとして気軽にご利用ください!

\ 無料体験レッスン申込みはこちらから! /