日別アーカイブ: 2017年3月7日

【第10回】ミセスやすこの「話題のトピックス“3分”つまみ食い」【学校授業、バージョンアップの詳細がついに明らかに!(後編)】

yasuko_top

第10回 学校授業、バージョンアップの詳細がついに明らかに!(後編)

みなさん、こんにちは!
今回は記念すべき10回目のコラム。せっかくなので「10」にちなんだ四字熟語を調べてみたら、驚くほどたくさんあるんですね! 中でも、「十全十美(じゅうぜんじゅうび)」という言葉は、「不十分な部分がなく、完全である」という意味だそうで、つい叶姉妹のような美のサイボーグを思い浮かべてしまいました。「十全十美!」なんて叫びながら、特注のジムでトレーニングしていたりして……。

四字熟語で妄想しちゃうなんて、やっぱり春が近づいているせい? みなさんはいかがお過ごしですか?

さて、気を取り直して――

先月に公開された「学習指導要綱改定案」のお話、後編です。おさらいをすると、東京オリンピック開催の2020年を皮切りにアップデートされる学校の教育方針のことでしたね。2月15日付の新聞には、小中学校ともに教科ごとの変更点が具体的に示されています。「でも細かい変更点なんて、実際に変わったときに見ればいいでしょ?」と思うかもしれませんが、それはもったいない!

実はコレ、「自分の子ども時代」と比べてみるだけでも結構面白いんですよ。だって……

■「聖徳太子」が日本史の舞台から消え去る!

なんてことが書かれているんですから。「お札に描かれる人」の常連でもあり、日本初の法律をつくったとされる歴史的スーパースターが教科書からいなくなるなんて!? いったい何があったのでしょう。まさか1400年の時を経て、不祥事発覚とか??

いえいえ、もちろん違います。

正確には、教科書から「聖徳太子」という呼び名がなくなる、ということです。説明によると、彼の本名は「厩戸王(うまやどのおう)」で、聖徳太子という称号は亡くなってから付けられたのだそう。ただし、今までの伝記やマンガなど、子どもたちがふれる書籍には古い呼び名が残っているので、しばらくは混乱を避けるために教科書では「厩戸王(聖徳太子)」または「聖徳太子(厩戸王)」と表記されるとか。

すぐに消えてしまうわけではないのですね。

でも、近い将来、複数の人から話しかけられたときに「聖徳太子じゃあるまいし!」というツッコミは通じなくなるかもしれないですね。「うまやどのおうじじゃあるまいし……」って、なんだか語呂が悪くて間違いなく噛みますね(笑)

同じ社会のカテゴリでは、「鎖国」という言葉もなくなります。江戸時代に外国との貿易や交通を絶っていたという意味で使われる「鎖国」ですが、同じ時代、長崎ではオランダや中国との交易がありました。また、松前(北海道)や薩摩(鹿児島)でも貿易が行われていたので、完全に閉ざしていたわけではなかったんですね。ゆえに「鎖国」ではない、という判断となりました。今風に言えば「グレーゾーン鎖国」「ゆる鎖国」という感じでしょうか。

領土問題や戦争の責任問題もそうですが、歴史の認識は、教科書を使う世代によって刻々と変わっていくのだなぁと感じずにはいられませんでした。「今、あの話って学校でどう教わっているの?」と子どもに聞いてみるのもたまには必要かもしれませんね。

■家庭科は「出汁」をフィーチャー、理科では「災害対策」も追加

ふと、家庭科の欄を見ると、小中学校ともに「(和食の基本としての)出汁を教える」との記載が。なぜわざわざ特記してあるのだろうーーと思ったら、そう! 2013年の12月、日本人の伝統的な食文化として「和食」がユネスコ無形文化遺産に登録されていましたね。

ユネスコ登録を知らせる農林水産省のホームページを引用すると <一汁三菜を基本とする日本の食事スタイルは理想的な栄養バランスと言われています。また、「うま味」を上手に使うことによって動物性油脂の少ない食生活を実現しており、日本人の長寿や肥満防止に役立っています。>とのこと。

最近では食生活も便利になり、自分で出汁をとる家庭が減っています。これを機に、和食の文化を再び定着させたいということなんでしょうね。やすこも賛成! ぜひ丁寧に授業をしてほしいものです。もちろん家でも楽しく復習して、ついでにパパにも教えてあげてほしいぐらいです。(私が教えるとケンカが勃発しかねませんが、娘が教えるなら絶対おとなしく従うはず!)

理科では、小中学校ともに自然災害の基礎を充実させています。小4では、雨水が低い場所に流れることに関連させて自然災害にふれたり、中1では津波発生の仕組み、身近な地形や地層など。どれもいざというときに身を守ってくれる大切な知識ですね。

このほかも、中学の美術では知的財産権や肖像権、国語では電子メールについても扱っていて、「えー、やっぱりイマはこんなことも習うのね」ということばかり。ジェネレーションギャップという点でも面白いので、是非2月15日付の新聞をチェックしてみてください。新聞を取っていないお宅でも、図書館なら無料でバックナンバーが見られますよ!
=================
【第1回】はじめまして、「やすこ」です
【第2回】オリンピックを境に「学校の授業」も変わる!?(前編)
【第3回】オリンピックを境に「学校の授業」も変わる!?(後編)
【第4回】東大を受験したロボットが、人間に勝てなかった「能力」って?
【第5回】東大を受験したロボットが、人間に勝てなかった「能力」って?(続編)
【第6回】一年のスタート、子どものやる気を引き出す「子ども手帳」はいかが?
【第7回】冬から増える「進路の悩み」への処方箋
【第8回】みんなの給食メニューを「民主主義」で決める!?
【第9回】学校授業、バージョンアップの詳細がついに明らかに!(前編)
【第10回】学校授業、バージョンアップの詳細がついに明らかに!(後編)【NEW!】
=================