会社概要

家庭教師トップへ > 会社概要 

家庭教師のマスターとは?(マスターシップスの会社概要)

家庭教師のマスター(株式会社マスターシップス)は、
1都5県(東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県、茨城県、栃木県)
を動拠点 とし、小学生、中学生、高校生を対象に指導をしている
家庭教師グ ループです。
私たちマスターは、お子さんの苦手教科やわからない所をマンツー
マンで教え、お子さんが「自分で勉強するチカラ」を身につける
ために「勉強のやり方」を教え、「自宅学習の習慣づけ」をお手伝
いしています。「やればできる!できれば楽しい!」 を実感して
もらうこと。それが私達の大きな目標なのです。

集合写真
マスターシップス 会社概要

歴史と実績

歴史と実績

家庭教師のマスター(株式会社マスターシップス)は、
平成12年9月に数名のスタッフと共に 東京の上野でスタ
ートしました。
会員の皆さまと共に発展し続け、 2016年現在では、
1都5県(東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県、茨城県、
栃木県)を活動エリアとし、講師数約10,0000人を
擁する家庭教師グループに成長しました。
青少年の学力低下が問題視されている昨今。家庭教師の
マスターは、1教育事業者として小中校生の学力向上に尽力
し、子供たちの明るい未来を形成する為に全力で取り組みま
す。そして、子供たちの「じぶんで勉強するチカラ」を育み
明るい未来へとはばたくお手伝いができれば、と考えており
ます。

マスターシップス代表の挨拶

お子さんの成長期である小学生から高校生までの期間。それは長い人生の中でとても大切な時期です。 「学校での生活」「友達との時間」「家族との時間」どれもがお子さんの考え方や人生のベクトルに大きな影響を与えることでしょう。 そのような成長過程にいるお子さん達に私たちができること。 それは「じぶんで勉強する力をつける」ということです。

 学校生活の中では様々なテストがあり、そして節目には受験もあります。 その過程の中で「勉強というものはいったい何のためにするのか?」「この先の人生で勉強したことは何の役に立つのか?」お子さん達は何度も悩むことでしょう。 「志望校に入学するため」「知識や見聞を広めるため」「将来、好きな職業に就くため」…。 「勉強する」ということには大切な意味がたくさんありますが、その中で「じぶんで考え行動するチカラを身につける」という大切な意味もあります。

 小学生から高校生にかけては「身体の成長時期」であると同時に「心の自立の時期」でもあります。そして学習面においては「やらされる勉強」から「じぶんでやる勉強」への転換期です。私たちは、家庭教師として勉強を教える中で「やり方」を教え「じぶんで勉強する力」を育みたいと考えています。

 「じぶんで勉強する力」を身に付けるという事は、多大な根気と時間を要する大変な作業です。ほとんどのお子さんが大嫌いな「勉強」。それを「自分の意志でするようになる」ということは、なかなか容易ではありません。しかし、そのような大変な作業だからこそ、私たち「家庭教師のマスター」が、「家庭教師」として、 時には「お兄さん・お姉さん」として、そして時には「良き理解者」として、お子さんの「じぶんで勉強するチカラ」を育み、主体性を持った柔軟な人間へと成長するお手伝いができれば、と考えています。

上に戻る

 

TOPへ戻る