家庭教師の心得

家庭教師トップへ > 家庭教師登録 > 家庭教師の心得

まずこちらのページを読んで下さい!

ご家庭から望まれること…
それは学歴や経験ではなく先生の「人間性」「人柄」です。

わからない問題を教える、勉強習慣をつける、ということは家庭教師をする上で大切なことです。
しかし、やるのは結局生徒さん本人です。生徒さん自身に「やる気」が無ければ元も子もありません。
だから、その「やる気」を作ることが大前提になるのです。

生徒さんのモチベーションを上げるためには、先生の存在・人間性が大きく影響します。
「○○先生に褒めてもらいたいから頑張ろう!」
「○○先生と約束したから宿題やろう」という風に思ってもらえるような先生像を目指して下さい。

下記「8つの心がまえ」を読んで頂き、共感できる方のご登録をお待ちしています。

8つの心がまえ
毎週ご家庭に伺うので、生徒さんはもちろん保護者の方や家族の方ともコミュニケーションをとり、家庭教師以前に一個人として好印象を持ってもらえるようにしましょう。
勉強を教える時は「良き先生」として接して下さい。ただ、お子さんは多感な時期でもあるので、勉強以外の相談を持ちかけられることもあります。勉強以外のことでも気軽に相談できるような「良きお兄さん・お姉さん」としても付き合って下さい。
約束・時間は絶対厳守。指導日の予定変更も極力避けて下さい。
時間にルーズなのは信用を失ってしまいます。
マスターの家庭教師の一員として、責任感を持って卒業まで指導をしましょう。
自分で解決できない問題が発生した時や、指導で行き詰まってしまった時は、
抱え込まずにマスター本部まで遠慮無くご相談下さい
思うように指導が進まない時、成果が出ない時でも根気強く教えてあげて下さい。
感情的になってしまい生徒さんが自信を無くすような言動(例:「頭が悪い」「何でこんなことができないの?」「自分はもっとできた」等)は厳禁です。
成績が上がったり、目標が達成できたら、思い切り褒めてあげて下さい。
生徒さんは子どもなので「褒めて伸ばす」ことが基本です。
宿題・課題は生徒さんの段階や状況に合わせて適量に出すこと。
できもしないような内容や量を出してもやる気をなくしてしまうだけです。
無理なく続けられるペースを考えて、できる限り具体的に目標を決めましょう。

※ご登録いただいても、マスターで「ふさわしくない」と判断させて頂いた場合は、
申し訳ありませんが生徒さんをご紹介することはできませんので、ご了承下さい。

他の目的のページへお進み下さい