いつから習い事始めれば?

家庭教師トップへ >サービスのご紹介! > いつから習い事始めれば?

みんなは家庭教師をいつから始めてるの?
みんないつから始めてるの?

『多くのご家庭は、中学2年までに始められています』

とは言え、お子さんの状況はひとりひとり違いますので、一概にいつからと言えるものではありません。お子さんにピッタリな時期を見極めるのはとても難しいですが、これまで私たちマスターが指導をさせていただいてきた経験を元にハッキリと言えるのは、つまづく前のお子さんと、つまづいた後のお子さんとでは、勉強に対する意識や意欲にも大きく違いがあり、それぞれに『はじめるタイミング』があります!

学校の勉強につまづく前というのは、お子さんが、まだ、そんなに勉強が嫌いになっていない時期で もあります。そのようなお子さんにも、中学でつまづいてしまわないように参考にしてください。

学校の勉強につまづいた後というのは、お子さんが勉強を毛嫌いし始める時期でもあります。そのようなお子さんが、今後、大きくつまづいて自信を失い勉強から気持ちが離れてしまわない為にも参考にしてください。

#
#
#

『まだ、勉強が嫌いではない時期だからこそ!
やる気をつければ、もっと伸びるはずです!』

今、学校の授業にそこそこついて行けているお子さんでも、中学生になると 勉強が急に難しくなり、つまづいてしまうお子さんも少なくありません。 一度、勉強につまづいてしまうと、なかなか苦手意識から抜け出せなくなる ことがあります。
ですが、つまづく前のお子さんは、まだ、『勉強が嫌いでない時期』です。 この時期というのは、勉強を毛嫌いしていない分、勉強に対する正しい習慣づ けもスムーズに進み、勉強のコツを早くからつかむことが出来るチャンスでも あります。
お子さん自身、勉強がスムーズに進むことで『やる気』がつきますし、やがて 成績アップにもつながっていきます。また、本人が「もっと成績をあげたい!」 「もっといい点数がとりたい!」と望めば成績はぐんぐん伸びていくでしょう。
お子さんが中学での勉強につまづかない為にも、楽しくわかりやすい勉強法を 身に付けておくことは、お子さんにとってとても役立ちます。 ぜひ、小学6年生あたりから始められることをオススメします。

『お子さんの状況がひどくなる前に・・・ 親御さんがキッカケだけを作ってあげてください。』

つまづいてあきらめモードになってしまっているお子さんに塾や家庭教師を はじめる気にさせるのは親御さんでも大変です。

一度、苦手意識を持ってしまったお子さんは、勉強を楽しいとはなかなか思 えないものでしょう。

しかし、勉強に対しての拒否反応をそのままにして逃げてしまっていては、 お子さんの「わからない」はドンドン積み重なり、もっとひどい状況になる 可能性があります。

そうなってしまうと、勉強以前に「やる気づくり」や「自信をつける」こと からはじめなければいけない分、お子さんは大変ですし、大きくつまづいて しまってからでは「前の範囲に戻ってやり直し」からのスタートになり、も っと大変になります。

また、親子間で塾や家庭教師を「はじめる、はじめない」を決めようにも、 初めての事ばかりの不安もあり、なかなか決まらないなど、時間だけが過ぎ ていくことがあります。

そんな時は、一度、マスターの体験授業を受けてみることをオススメします。
しっかりと経験を積んだ学習アドバイザーがお伺いし「楽しくわかりやすい 勉強法」を体験していただけます。

案外、勉強を喰わず嫌いになっているだけのお子さんは多くおられます。
ぜひ、お子さんには「体験授業だからイヤなら断ってもいい、試しに体験だ けやってみれば?」という風に、親御さんから気軽に「キッカケ」だけを作 ってあげてください。

これまでに、マスターの体験を受けていただいたお子さんからは、「思ったよ りもイヤじゃなかった」「結構わかりやすかったからはじめてみようかな」と いう声を多くいただいいています。
私たちマスターの場合は、大学生の先生がお兄さんやお姉さんのように接して いきますので、学校の先生や塾の先生よりも身近に感じ、「こんな先生が教え てくれるなら頑張ってみよう!」と言ってくれることでしょう。
お子さんの勉強に対する苦手意識を『マスターの楽しくわかりやすい勉強法』 で克服していきませんか。
もし、お子さんが学校の内容につまずいてしまっているのであれば、「傷が深 くなってしまう前に」今すぐ検討されることをオススメします。

上に戻る