保護者の方への指導報告書について

家庭教師トップへ >サービスのご紹介! > 保護者の方への指導報告書について 

家庭教師のマスターでは、お子さんの学習意欲の向上、 保護者の方に把握をしていただけるためにも、 口頭で行う「今日の指導について」と、 指導報告書を用いての「その月の指導」をおこなっています。

お子さんの学習面での現状がよく分かる

現状把握 家庭教師がご家庭に指導の報告をする際には、2つの方法を併せて行います。

1つ目は、指導のあった日に「今日の指導について」口頭で行う報告。

2つ目は「その月の指導」を「指導報告書」を用いて総括する報告です。
この報告書には、その1カ月の各教科ごとの指導内容や講評、 お子さんの学習意欲・勉強習慣などの状況、来月の目標なども記載されています。

普段お仕事などで家にいられない保護者の方にも、 わかりやすく把握していただけるようにという意味合いもあり、 「今月は○○をがんばったのね」「△△はもっと復習したほうがいいわね」など、 コミュニケーションのきかっけになればとも考えています。

日々の生活では見えづらい変化も、 家庭教師が1カ月単位で総括することで気づくこともあります。
また、あれだけ「大っ嫌い」と避けていたはずの勉強にも、 実は興味のある分野があったり……など、うれしい発見が飛び出す場合もあるのです。

今後の指導へのフォローができる

この指導報告書は、ご家庭の方のサインとコメントをいただいた後、 家庭教師がマスター本部に提出するように義務づけられています。

マスター本部では、届いた指導報告書を 「お子さんやご家庭、家庭教師の現状が見える大切な情報源」として捉えています。
専門スタッフがひとつひとつにしっかり目を通して、 今後の指導方針などに活かすのはもちろんのこと、フォローが必要と判断した場合は、 担当の家庭教師やご家庭に直接ご連絡し、改善策をご相談します。

お子さんやご家庭が抱える「不安や疑問の芽」をそのままにすることは決してありません。
なのでコメント欄には、家庭教師や本部への要望、 疑問点や心配事など気軽に書いてくださいね。

ページ上に戻る