家庭教師のマスター 家庭教師を東京、千葉、埼玉、神奈川、茨城、栃木、群馬にてご紹介

電話する

無料体験レッスン

小学生英語準備コース

英語の準備コース

■小学生で英語を始めるのが良い理由

ご家庭の方や生徒さんから「小学生の頃から勉強しておけば良かった」という意見が多くあります。

2学期になり本格的な文法の授業がはじまると急に英語がわからなくなってしまう子が増え、理由には「授業の進度が思った以上に速く、単語や文法を覚えられていないうちにドンドン先に進んでしまってついていけない」「ローマ字の読み方と発音が違うから混乱する」などです。

そうならない為にも、小学校からの英語をおすすめします。

上に戻る

■「わかるから楽しい!」が大切です。

生徒たちにこんな質問をしてみました。

Q:「勉強が好きですか?」

しかし、勉強が好きと答えた生徒は少数でした。勉強がキライな生徒たちと、勉強が好きな生徒たちの理由には下記のような差がありました。

勉強が嫌いな生徒の場合
  1. 英語に限らず、わからなくなると、やる気がなくなる。
  2. 勉強から離れてしまうことで、もっとわからなくなる。
  3. その結果、勉強自体をキライになってしまう。
勉強が好きな生徒の場合
  1. 前もって勉強をすることで学校の授業がわかりやすい。
  2. わかると勉強が楽しくなる。
  3. その結果、自信につながる!

※これは、中学生になってから英語の勉強を始めるよりも、小学生の頃から少しでも準備をしておけば学校の授業をスムーズについていくことができて、お子さんの自信につながると考えられます。

上に戻る

■英会話教室と中学校英語の違い

ご家庭の方から「小学生の頃、英会話教室に通っていたのに、どうし英語につまづいてしまったのかしら?」という声を聞きます。

マスターの家庭教師の先生から多く聞くのは「英会話教室と中学校で習う英語はやってる事が違う」という意見なのです。

下記が、それぞれの特徴であり違いです。

▲英会話教室の場合
※読み書きよりもコミュニケーション。
※英語を使ったゲームをする。
※英語の歌をうたう。

▲中学校の英語の場合
※教科書の文章を読み、和訳が中心。
※和訳や英作文を作るための単語や文法。
※定期テストや入試問題は会話文あっても記述式、もしくは記号選択式。

上に戻る

■マスターは英語の準備もバッチリ!

☆中学校英語に直結した英語レッスン

英語が、小学5、6年生の必須化された今、お子さまが英語に触れる機会は以前よりも多くなりました。

マスターでは、「聞く」「話す」はもちろん。小学校の英語活動では対応しきれてない「読み」「書き」をしっかりカバーしておりますので総合的な英語力を身につけることが出来ます。

中学校入学前に最高のスタートがきれるように引っ張っていきます!

☆楽しく学べる!中学英語準備コース

ステップ1

アルファベットの大文字、小文字の読み書き、簡単な自己紹介や挨拶などの会話分を学習。

ステップ2

中学校1年生の2学期で習う学習内容や身近な物の単語をステップ1の復習をしながら学習します。

ステップ3

中学校1年生の2学期から3学期にかけて習う学習内容をステップ2の復習をしながら学習し英検5級程度の習熟を目指します!

ページ上へもどる

対応エリア

ページ上へもどる

  対応エリア