勉強マスターへの道!!

家庭教師トップへ >受験情報レポート >勉強マスターへの道

受験のことをもっと知ろう! もう勝負は始まっている!

20131img1

公立高校を受験する際に、高校に「内申書 (調査書とも言います )」という書類を提出します。内申書には、中学校での成績が記録されていて、高校入試では当日の学力試験のみならず、中学校での成績も評価の対象として見られます。

つまり、学校 の成績が良ければその分、他の受験者よりも有利な状態で学力 検査に臨めます。反対に、いくら当日の学力試験で得点できても、学校の成績が伴っていなければ合格点に達しないということもあります。

では、その学校の成績とはいつの成績が用いられるのでしょ う?県ごとに異なりますが、それぞれ以下のようになっています。

○東京都:3年生の成績 ○神奈川県:2・3 年生の成績
○埼玉県:1・2・3 年生の成績 ○千葉県:1・2・3 年生の成績
○茨城県:1・2・3 年生の成績

※ちなみに各学年の配点については、一概には言えませんが、学年が上がるごとに配点が高くなる傾向にあります。

このように、東京都以外は3年生時以外の成績も入試に反映されるのです!つまり、今の段階から 入試を意識して良い成績を取っておくことは、けっして早すぎることではないのです。もちろん東京都の皆さんも、中 3 になってから内申を急に伸ばすのはたいへん難しいので、今から良い成績を とっておくことが絶対です。

各学年の成績は学年末の成績(3年時の成績は12月時点のもの)が用いられるため、これからの『学年末テストをしっかり対策する』ことが重要です!

志望校を決めてやる気UP!

20131img2

志望校を決めることは、これから受験勉強していく上で自分 のやる気につながります!

 「まだどの高校にするかなんて決められない…」と言う人も、とりあえず自分の今の成績や通いやすさなどを考えて、何校か調べてみることをオススメします。HP や個別の学校案内の資料を見ることで、各高校がどういうところかチェックしてみましょう。

興味を持った高校は説明会に参加してみることで、より詳しく高校の雰囲気を知ることができます。

※資料請求は、マスターにご連絡いただければ代わりに高校へ請求いたしますので、お気軽にお申し付けください! 身近にいる中 3 生や高校生の話を聞いてみるのも大切です。
どうやって志望校を決めたか、通って いる高校はどんな雰囲気か等を聞いてみると良いでしょう。目標を定めて、理想の高校生活や具体 的に高校でやりたいことの具体的なイメージがわくと、勉強のモチベーションにつながりますよ。

「先んずれば即ち人を制す」、受験においてもまた然りです。今年もマスタースタッフ一同、精一杯 皆さんのサポートをさせていただきます!!よろしくお願いいたします。

btm-2013-1a

上に戻る