【第69回】コロナ禍で高校入試の出題範囲が縮小に、学校ごとの教育格差も考慮!?


コロナ禍で高校入試の出題範囲が縮小に、学校ごとの教育格差も考慮!?

みなさん、こんにちは!ヤスコです。

学校も再開して、やはり悩ましいのが……勉強の遅れ。
特に受験生は「自分の学校は大丈夫だろうか」と気になってしまいますよね。

毎日新聞では6月12日、「奈良県や東京都など4つの自治体で、高校入試の出題範囲を縮小する方針だ」と報じていました。これは去る5月13日、文部科学省より「中学校等の臨時休業の実施等を踏まえた令和3年度高等学校入学者選抜等における配慮事項について(通知)」という文書が公表されたためです。

その内容をざっくり要約すると、全国の中学校や高校などに「コロナ禍でも、生徒が不利益を被らないように」配慮を求めるものです。

具体的には・・・

【1】中学校の部活動(スポーツや文化系大会の実績)や資格試験の成績などで、入学者を選抜する場合は、コロナの影響で参加できなかったことを理由に志望者が不利益を被らないようにすること
【2】調査書などでは、出席日数などで志望者が不利益を被らないようにすること
【3】地域の各中学校の休校の状況を踏まえて、令和3年度の高校入試の出題範囲や方法を考えること。特定の生徒が不利にならないように工夫すること

などが挙げられます。

特に、【3】については注目です。休校期間の授業対応については、学校ごとに大きな差がありました。実際、日本財団が、全国の17~19歳の男女1000人に、長期休校の影響について意識調査をしたところ「教育格差を感じた」という声が、58.6%にものぼったそうです。理由として、「オンライン授業がなく他校との差を感じた」という声もあったとか。

東京都や関東の入試の出題範囲は?

東京都の教育委員会では、高校入試の出題範囲縮小を発表。
以下の内容を出題範囲から除外するとしています。

【国語】
 中3の教科書で習う漢字
【数学】
 中3で習う「三平方の定理」と「標本調査」
【英語】
 関係代名詞のうち、主格のthat、which、whoおよび目的格のthat、whichの制限的用法※同様の働きをもつ接触節も出題しない
【社会】
公民のうち、『私たちと経済』の「国民の生活と政府の役割」、『私たちと国際社会の諸課題』
【理科】
第1分野『運動とエネルギー』の「力学的エネルギー」、『科学技術と人間』
第2分野『地球と宇宙』の「太陽系と恒星」、『自然と人間』

関東の他県については、どうなっているのでしょうか?
埼玉県や神奈川県は、高校入試の実施内容を7月に公表するとしています。特に神奈川新聞の報道では、同県教育委員会の教育長が「安心して受験できるように、3年生が受験までの間に学んだ内容からのみ出題する」と表明したそうです。茨城県では、「学力検査の出題範囲については現時点で変更は行わない方針」と、茨城新聞の記事にありました。

気になる方は、各都道府県の教育委員会のホームページを随時チェックするか、家庭教師やマスターの本部に遠慮なく聞いてみてくださいね!
(※情報は、2020年6月29日時点のものです)

===========================
★おススメ記事★
【第68回】自宅学習でヤル気が出ない…そんなときは「ピア効果」のチカラを借りよう!
【第66回】実際に「オンライン授業」を使ってみた!“生の声”から見える、そのメリットとデメリット
【第22回】「昼寝クラブ」に「みんいく」!?気持ちよく眠るだけの成績アップ法
===========================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です