中学生のお子さんをお持ちのご家庭へ

家庭教師トップへ > 中学生のお子さんをお持ちのご家庭へ 

部活と勉強を両立させていざ高校入試へ! こんなお悩みありませんか?

おいてけぼり? 新しい友だち、部活、すてきな先輩――。
刺激的な毎日に、中学生活スタート期はあっという間に過ぎていきますが、 その分勉強も容赦なく進んでいきます。
小学校のように、先生が授業の振り返り(復習)をしてくれるわけではないので、 「前回の授業を理解していない」場合や「小学校の単元の理解に漏れがある」場合は、 先へ進むほど理解が難しくなる悪循環に陥ってしまいます。
そのまま中3になり、受験シーズン。
この時期に遅れた分を100%取り戻すのは、至難の業です。
もちろん進学だけが全てではありませんが、お子さんの将来の夢が膨らんできたときに、 その選択肢が多いのに越したことはありません。
ただ幸いなことに入試に出る問題は、ほとんどが「学校の授業で習った内容」。
マスターではここを重要視し、 お子さんが「自立して」学校の授業を理解できるように導いていきます。

勉強嫌いな子も、楽しんで続けられる習慣付けを

お子さんが信頼できる「お兄さん・お姉さん」が家庭教師

信頼できるお兄さんお姉さん マスターの家庭教師は、現役の大学生が中心。
いわゆる「近所のお兄さん・お姉さん」といった 優しい雰囲気の先生が指導をしていきます。
休憩中は親睦を深めるために、お子さんの好きなスポーツや音楽、マンガの話をしたり、 「ほめる指導」でお子さんのヤル気や長所を引き出していきます。

また、反抗期などでデリケートなお子さんも多くなる中学生時代。
ご家庭や学校の先生の前では意地を張ってしまっても、 年代の近いお兄さん・お姉さんの前では案外素直になれたりもするのです。
「大好きな○○先生のために勉強をがんばる!」という生徒さんも少なくありません。
時には、部活や友人関係、将来の相談に乗ったり、 勉強だけの繋がりではない家庭教師の良さ。 ぜひ実感してみてください。

「テスト勉強のやり方」から、手取り足取り教えます

内申書に大きく影響する定期テスト。
「定期テストで良い点をとっておけば高校入試がラクになる」 ――ということは学校でもよく言われますが、それができたら苦労はないですよね?
実は予習復習と同様、「テスト勉強」にもポイントをおさえたコツがあります。
マスターでは、 「テスト勉強のやり方」から手取り足取り丁寧に教えて、 テスト勉強のリズムをお子さんにしっかに身に付けていきます。
この習慣付けが、受験勉強の際にも大きな威力を発揮してくれることでしょう。
手取り足取り教えます
定期テスト前には、スケジュール表を使いながら、 最低でも2週間前からしっかり対策を開始。
テストに出そうな問題、お子さんが苦手な問題を中心に、 わかるまで丁寧に指導していきます。
ご希望があれば、いつもの指導時間より、たくさん時間をとることも可能です。
マスター本部でも、テスト前後のフォローには特に力を入れています。
生徒さんの「点数が上がったよ!」という笑顔と喜びの声は、 マスターの大きな原動力です。

諦めるのはまだ早い! 「戻り学習」で、小学校や前学年の単元もカバー

「学校の授業についていけない」というお子さんにとても多いのが、 「前の学年で習った単元を理解できていない」 というケースです。
戻り学習で前学年の単元カバー 特に英語や数学は、前に習った単元を応用する形で授業が進行していくので、 気付いた段階で早めの対処が必要となります。
マスターでは、お子さんがわかるところまで戻って、そこから丁寧に教えていきます。
それは時に、小学校までさかのぼることも。
一見複雑に見える「絡まった糸」も、 絡まり始めたポイントさえ見つかれば、 そこからほぐしていくことが可能なのです。諦めるのはまだ早い!

おすすめのサービス
  • 春・夏・冬講習会
  • マスター模試
  • 無料相談
  • ペアレッスン
  • トレッチャ!

上へ戻る

ページ上に戻る